忍者ブログ
それはTWを渡り歩く絵を通した記録…自由を愛するモノの住処なのかもしれない。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

怪しくないですよ~。
…そんな言葉が耳を掠めていった気がして、ね。


ちょっと待てよ…?

…誰だ、こんなこと書いたのは…。
IBGM『タンタンターン』


おいおい、冗談だよな。
むしろ、冗談だと言え…いや、言ってください。

…人は誰だって文字を操る。
誰かに何かを伝えるために、必死になる。


×××は、それを見守続ける傍観者だ。
傷つくことを恐れ…逃げ出した弱者であるということになるだろう。
…それでも、誰かと共に在りたいと望んでいたいから。




――――――――

「……本?」
僕の問いかけに、ゼルガは頷いて見せた。
「…そう。お前に絵を頼みたい」
必死な表情っていうのは目覚めてすぐ見るもんじゃない。
ましてや、叩き起こされた後は特に、ね。

ゼルガが転寝していた僕を叩き起こしたのは、これが初めてではない。
最近ではよく早朝にやってくる。
『蒼穹の翼』での思い出を、絵に纏めて提出するようにいうのだ。
「お前はどこの編集長だぁ?…ってか、僕は獅子の下で働いてた覚えがないんだけど」

反論したところで、こいつの意思が曲がらないのは分かってる。
冗談の通じない相手ほど、一度で良いから笑わせたくなるっていうのが僕の性分。
…いまいち成功したことも、ないけど。
「…お前がやってくれないはずがない」
確信を持って言われると、僕は根負けする。



お気に入りの蒼紫のバンダナを頭に巻いて。
尻尾のお手入れに十分すぎるくらい時間を掛けて。
「……わぁったよ、描けばいいんだろ?全部モノクロにしてやるからなっ…!」
諦めの言葉と共に、やる気を呼び起こす。
同い年なのに、言動で一切勝てない僕。
「…いーや、勝つ気なんてない」



…そして、僕の描いた絵にゼルガがつけた言葉。

秋空の下、蜻蛉が空を舞う。
空を彩る色は、アナタの気持ち。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
…いつか何処かでその絵は描いた。
どこやったっけな。


ハンモックの快適さに全部忘れちまったい。
…あ。描けばいいか。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール

HN:
ソウジ・ブレィブス
性別:
男性
職業:
裁縫
趣味:
落書き
自己紹介:
不良のような狐のスケッチブック
風の様に戯れる狼の大学ノート

蒼紫色二又尾の僕の、メモ帳
白い二又尾の黒いメモ帳

騒がしい鶏の学習帳

この場にあるのは手書きを綴る物
ぼくは、『君』
『君』は、ぼく。
妄言・妄想、それも全部
僕の『君』の『私』『俺たち』の想い

ーーーーーーーー













最新コメント

[11/11 狼姫]
[11/10 むっちゃんさん、ドラゴニャン]
[10/31 狼姫]
[10/29 名無し]
[10/14 狼姫]
忍者アナライズ

コガネモチ