忍者ブログ
それはTWを渡り歩く絵を通した記録…自由を愛するモノの住処なのかもしれない。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒼色

…っ
なーんか目が疲れてきちゃったなぁ…


夜目が利くほうだから、
自分の趣味をひたすら楽しんでるわけだけど
…流石に、色の判断は付かないんだけどねぇ

僕が本を見るようになったのは何時頃だろ…
もしかして、相棒の影響…なのかなぁ

なにしろ…特に何がしたいわけでもなく、本を凄く熱心に読んでいたから
そりゃあ人と滅多に関わってなかった輩だからねぇ…
人見知りが激しいのは頷けるってもんだ

相棒の図書は文字ばかりの本ばかりだったけど
絵ばかり描いてある本を読んでいたのは…
僕が文字を大して読めなかったからかも知れない

赤、黄色、緑……そして動物たち
どれもこの最下層でも見かけることの出来る色だ
…でもひとつ、ふたつ、見慣れない色があって…
珍しくて、本物の色を見てみたかった

「青」「蒼」

相棒は古い図書の中から探し出して教えてくれた
『蒼はもっとも大きく近くにある空の色』だと
『青は人々の瞳に宿る色』なのだと……
他にもいくつか相棒は色々と教えてくれた
………けれど、僕はその数々を覚えていない

走って、走って…最後には迷った
帰り道は…僕にも分からない
でも僕は確かに…その時初めて、「本物の空の色」を見た

……嬉しい反面、今後の相棒行動に期待した
そのうち………相棒がきっと、探し出してくれるだろう、と




あまりに「空の蒼色」が綺麗だったから、そのときの感動を忘れたくなくて…
大事な愛用品の色も…近い色に変えたんだ
今となっては、このバンダナが何色だったのか…それを知るすべがない

だけど
相棒だけが覚えているのは間違いない事実だろう


PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール

HN:
ソウジ・ブレィブス
性別:
男性
職業:
裁縫
趣味:
落書き
自己紹介:
不良のような狐のスケッチブック
風の様に戯れる狼の大学ノート

蒼紫色二又尾の僕の、メモ帳
白い二又尾の黒いメモ帳

騒がしい鶏の学習帳

この場にあるのは手書きを綴る物
ぼくは、『君』
『君』は、ぼく。
妄言・妄想、それも全部
僕の『君』の『私』『俺たち』の想い

ーーーーーーーー













最新コメント

[11/11 狼姫]
[11/10 むっちゃんさん、ドラゴニャン]
[10/31 狼姫]
[10/29 名無し]
[10/14 狼姫]
忍者アナライズ

コガネモチ