忍者ブログ
それはTWを渡り歩く絵を通した記録…自由を愛するモノの住処なのかもしれない。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Fox's concerto
アクエリオへ拠点を移して、早くも違和感の無い感じになってきた
Night of silverFoxの縁側で見た

……なんて、言ったっけ…
相棒が昔説明してくれたし、あの2人にもちゃーんと教えてもらったハズ…!


春の風物詩……んー
…あ!…そ、そうだ、桜って、いったっけ!
あの桜は綺麗で、その役割を果たし


でも、『旋律の翼』の傍に咲く桜は…


近くに水気が多い場所に起立しているから…
それが理由かどうかは全く分からないけれど
普通の桜の木とは違って、咲く時期が遅ければ
咲いている種類も異なっているようだった

相棒が言うには…『枝垂れ桜』と言うんだと
もう少しで満開、今は多分5分咲きってところかな
ずっと寝かせてある、あのお酒を目の前でチラつかせて


ちょっと忙しくて、ばたばたしてるうちに桜の花弁は殆ど散っていたから
…銀狐さんと紅狼さんを呼んでこよう
たまには僕から誘っても良いよね
応じてくれたら、嬉しいんだけど……どうだろ、緊張するなぁ!


薄い色の花弁は、とても綺麗で…
相棒が去年作っていたアクスヘイムの桜…その、栞
読書好きの彼だから思いつくずっと記憶に、記録に残せる方法だと
先日、栞を見せられてから思い知ったよ

僕が杯を酌み交わせるようになるまで…もう少し
少しだけ、桜の花弁を浮かべてお酒を飲んでみたいとか理想があったりなかったり

「……にゃう?」
ぼんやりと疎らに咲く桜を見上げていた僕に
ユツさんの所に居るはずの朔と、こーやが僕の直ぐ後ろで伏せっていた

代弁するなら『ちょっと、いつ気が付くの?帰って来たんだけど』と言いたげな視線を
背中に、突き刺すようにじぃぃと見てくる朔
そして『調べてきたー…あ、桜咲いてるー』と仕事を終えて帰ってきた瞬間
先ほどまでの苦労瞬間芸よろしく記憶を書き換えてしまったこーや…といった感じだろうか


「まぁ、もう少し待ってよー…」
今日もまた、良い空の色をしていた
夜風も夜独特の空の色も…星霊の力を利用したニセモノじゃない
紛れも無い、本物だから良く分かる
「紅くてもさ、満月を見てるのは…風流だと思うんだよねぇ」
少し距離のある場所から、眠っていたはずのジュウラが汲んできた水に
小さな角砂糖の欠片を潰して甘みを加えた、砂糖水
少しずつ、少しずつ飲んで…地味ぃーな甘さを楽しむ

「なんで、月って丸くなるんだろうねぇ…」
二匹の猫は、気だるそうに『んなぁー』と鳴いて同じように月を見ていた
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール

HN:
ソウジ・ブレィブス
性別:
男性
職業:
裁縫
趣味:
落書き
自己紹介:
不良のような狐のスケッチブック
風の様に戯れる狼の大学ノート

蒼紫色二又尾の僕の、メモ帳
白い二又尾の黒いメモ帳

騒がしい鶏の学習帳

この場にあるのは手書きを綴る物
ぼくは、『君』
『君』は、ぼく。
妄言・妄想、それも全部
僕の『君』の『私』『俺たち』の想い

ーーーーーーーー













最新コメント

[11/11 狼姫]
[11/10 むっちゃんさん、ドラゴニャン]
[10/31 狼姫]
[10/29 名無し]
[10/14 狼姫]
忍者アナライズ

コガネモチ