忍者ブログ
それはTWを渡り歩く絵を通した記録…自由を愛するモノの住処なのかもしれない。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

描く心

僕の今は、精神と体とがちょこーっと離れ離れだからなぁ
どうにも現実を受け止めがたい状況では…あるよね

さて…
夢心地にある僕の心は…何処へ行くんだろ



僕は彼を助ける為に、体を深く深く眠らせた。
幾千年もの時を、ただ1人を助ける為に彷徨ってきたんだから…
数万飛んで26の誕生日に役目を果たせると知ったときには
流石に安堵と、安らぎすら覚えたもんだ。

僕と同一の存在とも言える狼姫に道案内を頼み…
魂の回廊…いや、時の回廊とでもいうべきなのかな。

相棒と共に役目を果たしに向かったんだよね。
愛する全てに…一端別れを告げて。




そして僕は……
彼に見えていたエンディングを変えた。



たとえ、僕の心が時の狭間に消えようとも。
僕は自分の決断を間違ったとは思わないよ。

それに…時の狭間で眠ることも、厭わないさ。
僕の心が綺麗な空を、友を、見ることが叶わないだけなのだから。
本当の僕はきっと、幸せな場所で微笑んでることだろうね。

「僕自身のハッピーエンドは望んじゃいないよ。
…ただ、誰かが僕の助けて幸せに慣れるなら、それでいい」




そして

時のはざまで僕は、戦い続けることだろう。








いつか、
眠るべき場所に、還れる日まで。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール

HN:
ソウジ・ブレィブス
性別:
男性
職業:
裁縫
趣味:
落書き
自己紹介:
不良のような狐のスケッチブック
風の様に戯れる狼の大学ノート

蒼紫色二又尾の僕の、メモ帳
白い二又尾の黒いメモ帳

騒がしい鶏の学習帳

この場にあるのは手書きを綴る物
ぼくは、『君』
『君』は、ぼく。
妄言・妄想、それも全部
僕の『君』の『私』『俺たち』の想い

ーーーーーーーー













最新コメント

[11/11 狼姫]
[11/10 むっちゃんさん、ドラゴニャン]
[10/31 狼姫]
[10/29 名無し]
[10/14 狼姫]
忍者アナライズ

コガネモチ