忍者ブログ
それはTWを渡り歩く絵を通した記録…自由を愛するモノの住処なのかもしれない。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャイニングRay
―…(光が見える気がする



―…(眩しいほどの乱舞に思わず目を閉じた
―……(閉じた瞳に細かい光の槍が降り注ぐ

―…(目が眩んで、近くのモノが霞んで見えた










にゃー、と耳元でこーやの声がする
多分、餌をねだりに来たんだ
良く可愛がってる愛猫だからね、無表情気味でも
それとなく主張したい言葉は予想できる


こーやの反応が可愛くてつい、寝たフリを続けたくなってしまう…
にゃーあ、にゃーあと抗議の声を上げつつも
決して五月蝿くない

もともとは内気な猫だから


雌のボス猫、リカルド・バンデラスの視線がなくても
鳴くことは滅多にない

最近では、ユストになついて帰ってこないリカちゃんは
色んな意味でシキヤみたいな白猫だ


こーやの声が聞けるのは
空腹の時と抗議の時だけだというから
人と同じくからかいたくなる

数分間、にゃーと鳴きながら僕の顔に
尻尾をべしべしし続けたこーやは
最終的に、凶器(爪)で攻撃してくるから
からかうのも見極めが大事

『……また、こーやを怒らせたのか』

野良猫に囲まれ、肩や足が猫まみれなゼルガには

いつも簡単に事情がバレる
そりゃあ…頬や手に綺麗な爪痕があれば
人外にやられた事なんて
分かると思うのだけれど



「まぁ良いんだよ…飼い主に躊躇せず攻撃してくるくらい、元気な証拠みたいなもんだし」


ゼルガがくすくすと忍び笑いをしていたようだけど

あえて気にしない

猫に爪痕を残されるのと
猫数十匹に集られるのと…

端から見たら、どっちが
愉快に見えるだろう…
そう考えると自然と
僕も一緒になって笑っていた



―…(白猫こーやは気紛れだ
―……(でも僕に良く似てる
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール

HN:
ソウジ・ブレィブス
性別:
男性
職業:
裁縫
趣味:
落書き
自己紹介:
不良のような狐のスケッチブック
風の様に戯れる狼の大学ノート

蒼紫色二又尾の僕の、メモ帳
白い二又尾の黒いメモ帳

騒がしい鶏の学習帳

この場にあるのは手書きを綴る物
ぼくは、『君』
『君』は、ぼく。
妄言・妄想、それも全部
僕の『君』の『私』『俺たち』の想い

ーーーーーーーー













最新コメント

[11/11 狼姫]
[11/10 むっちゃんさん、ドラゴニャン]
[10/31 狼姫]
[10/29 名無し]
[10/14 狼姫]
忍者アナライズ

コガネモチ