忍者ブログ
それはTWを渡り歩く絵を通した記録…自由を愛するモノの住処なのかもしれない。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕がエンドブレイカー
============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『無限のファンタジア』や『シルバーレイン』
『エンドブレイカー!』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したじゃっかる(背後)に、
著作権は描いてくださった各絵師様に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。============================================================



「この話は何処まで続く?」
…いや、僕に聞かれてもねぇ。
僕は誕生日を祝いに来たんだって、いったじゃないかー。

だから…うん、長くても6月6日までかな。
よし、頑張れそうじー♪

『…いや、僕もソウジだけど、しっぽをゆらゆらさせてるあなたもソウジでしょう!?』

「…地獄の亡霊?」
これはとっても、妙な話を聞いたもんだ。
僕には何にも理解できない。

「いやぁ、僕も白獅子も、見た目以上に長生きしているからねぇ」
ははは、っと笑いながらバシバシと痛そうな音で白獅子の肩を叩く蒼紫狐。
…ちょっと迷惑そうに顔を顰めて、白獅子が話を続ける。

「亡霊といっても、たった1体の真っ黒なドラゴンなのだがな。
……コチラの住人の目に見えぬことが一番の問題なんだ」
とても真面目な話をしているのに、僕としては…ふわふわ揺れる
白い九尾の尾が気になってしょうがない。

「そそ。でも安心してよー。僕らがちゃきっと退治するからさー」
いつのまにか捕獲されていた僕の猫、こーやの頭を撫でながら
蒼紫狐は任せろーと言わんばかりに笑い続ける。
「…アレは、俺らにしか見えていないようだからな。
退治するまで、厄介になりたいのだが…構わないか?」

「……成程な、俺は一向に構わない。
現実離れしたその姿を、誰にも見られないようにさえ、していてくれるのならば」
本をぱらりぱらりと読みすすめながら、目線を本から話さずに
自分の意見を申し沿えた。



ーーーー
こまごま続きます。
名前出したい人は、コメント欄へどうぞー?(何
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール

HN:
ソウジ・ブレィブス
性別:
男性
職業:
裁縫
趣味:
落書き
自己紹介:
不良のような狐のスケッチブック
風の様に戯れる狼の大学ノート

蒼紫色二又尾の僕の、メモ帳
白い二又尾の黒いメモ帳

騒がしい鶏の学習帳

この場にあるのは手書きを綴る物
ぼくは、『君』
『君』は、ぼく。
妄言・妄想、それも全部
僕の『君』の『私』『俺たち』の想い

ーーーーーーーー













最新コメント

[11/11 狼姫]
[11/10 むっちゃんさん、ドラゴニャン]
[10/31 狼姫]
[10/29 名無し]
[10/14 狼姫]
忍者アナライズ

コガネモチ